TOP > CATEGORY > 展示のこと
TOP

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
↑TOPへ


震災で消えた小さな命 

「震災で消えた小さな命展」パート2巡回中です!
お近くの会場がありましたら是非、お運びください。

「震災で消えた小さな命展」は、被災者の方から描いて欲しい動物をうかがい、
絵本作家・画家・イラストレーターによって、亡くなった動物たちを、
絵の中によみがえらせる、というものです。
展覧会終了後は、希望を書いていただいた被災者の方へその絵をプレゼントされます。
私もパート1に引き続き参加しております。
亡くなった家族を描くことは難しいことでもありましたが、心を込めて描きました。
展覧会はとても楽しいものになっていて、飼い主さんもみんな喜んでくださっています!


展覧会を企画したのは、イラストレーターのうささんです。
東日本大震災後、宮城県沿岸部に、ボランティアとしてお手伝いをしていたうささんは、
あらためて被災者の方の悲しみや苦しみを知り、同時に知ったのが
犠牲になったたくさんの命の中に、様々な動物、植物の命があったこと。
家族同様の動物と別れ、悲しい思いをしている方々とお会いしたそうです。
恐ろしい津波からせっかく助かったのに、動物であるという理由で
避難の網からもれて失われた命もあるんだそうです…。
うささんにとっても動物は大切な家族。そのような話をきいて、
心が引き裂かれそうになったと言います。

「亡くなった動物たちは、大好きだった飼い主さんが自分のことで
辛い思いをしていることを、きっと、とても心配しているでしょう。
動物たちと飼い主さんの心を、私たちが描く絵によってつなぐことができたら、
と思ったとき<震災で消えた小さな命展>の開催を決めました」と、うささん。

パート1では、まず絵を描いてもらいたいと思っている飼い主さんを集めるため、
避難所や仮設住宅6千軒を回ったとのこと…。(6千軒って意味わかりましぇん…すごすぎ)
今では、新聞、テレビでもとりあげられ、自分のこもぜひ描いてほしいという方が
たくさん現れ、パート2も!そして全国で会場が次々決まっています。被災地を中心に
パート1は台湾でも開催されたんです(なんと!台湾総統、馬英九総統夫人の
周美青女士も会場に来られたと)。


先日、岩手県釜石市のイベントによんでいただいたこともあり、
大槌町の会場に私も行ってきました。
ペットを亡くされた飼い主さんの生の声をきき、涙があふれると同時に
ご自身も津波にのまれ、恐ろしい思いをされながらも、本当につらい経験を話してくださり
そして、何とか元気を取り戻そうとがんばってる明るい姿に心打たれました。

大槌町は被害も大きく、一見一面きれいな緑の景色も、ここは町だったと聞き、唖然。
瓦礫の山も、壊れた建物もまだ残されていて、町ごと人も動物も波に
のまれたんだ…と思うと言葉にならない恐ろしさでいっぱいになりました……。

展覧会会場は、飼い主さんやうささんのお人柄でどんどんつながった人の輪で
明るいボランティアさんたちががんばっていました。
チラシを配っていると、「かわいそうで見られない…」
と言われることがあって、逆に悲しくなるという飼い主さん。
会場を見ていただければわかりますが、生きている時、幸せだった動物たちは
さらに天国に行って今こんなに仲間がいるんだわ、という楽しい雰囲気です。
そして、こんなにかわいいこたちがいたことを、ぜひ見に来てほしいと飼い主さんたちは思っています。

このあとは、盛岡、山形、愛知 長野、神戸、鹿児島 和歌山などなど。


~~今回の震災で私の胸に深く刻まれたことがあります。
津波で亡くなったたくさんの人々の命も、亡くなった動物たちの命も
その命を想う人にとっては、みんな等しく大切な命であるということです。
「震災で消えた小さな命展」では、命の平等さについても伝えていきたいと思います。
                                 代表 うさ ~~
スポンサーサイト
展示のこと
↑TOPへ


アイヌの大地がつないだ物語~宇梶静江の刺繍展 

                    繝ェ繝ェ繝シ繧ケ逕ィ逕サ蜒柔convert_20110202230617[1]



アイヌの世界では、火も水も風も、動物や虫、木や草花も

神様としてそれぞれの役割をもって人間を助けてくれるものでしたから、

毎日の暮らしの中にそれぞれに敬いをもって向き合うようにと、

大人たちは、物語をとおして子どもたちに伝えていったのです。

宇梶静江さん。


静江さんの刺繍・古布絵はすばらしい。

私も、また私以外の人にも、ゆっくり見る機会を作れたら……

そう思ってたところ、アイヌ文化にもともと関心をお持ちの

ポポタムさんからのうれしい提案があり、

このたび、宇梶静江さんの絵本原画を中心に

刺繍と古布絵の展覧会を開催できることになりました。



40年前、アイヌでありながらアイヌとして生きてこられなかった自分と

同胞(ウタリ)たちのために立ち上がり、それ以来活動を続けている静江さん。

首都圏アイヌ復権運動の草分け的存在です。


静江さんは、布絵に描かれている動物たちのように、

あたたかくてユーモアたっぷりのお人柄。

時には少女のような一面を見せたかと思うと、

次の瞬間、何かにすっかり夢中になって

どこかに行ってしまったかのよう(笑)になる。

仲間のことを思う気持ちがいっぱい。

そして夢もいっぱい持っている。

素敵な女性。




人間以外のすべてのものも、魂を持つカムイと考え、

自然とうまく折り合いをつけ、調和のとれた豊かな美しいアイヌの暮らしから、

生活のすべて、住む場所、主食、ことば…を、奪いとり、そして差別してきた和人……

この事実を思うと、いつも胸が張り裂けそうになります。


そして、だけど今になって、私たちはアイヌの素晴らしさに、多くを学ぼうとしています。

もっともっともっともっと早く気付いてればいいのに。

        


       
         「アイヌの大地がつないだ物語 宇梶静江の刺繍展」

         同時開催:どいかやミニ展「私の好きなアイヌのお話」

         <会期>  2011年2月23日(水)~3月6日(日)

         <時間・休み>12~19時(最終日は17時まで)、2月28日(月)のみ休み
         
         <会場>  ブックギャラリー ポポタム
               東京都豊島区西池袋2-15-17 03-5952-0114
               http://popotame.m78.com/shop
<内容>
宇梶静江のアイヌ刺繍・古布絵(こふえ)による絵本原画等をギャラリー内に展示するとともに、小品やグッズ、手づくりのお守りを販売します。
またショップスペースでは、絵本作家どいかやによるアイヌの物語をモチーフにした描き下ろし作品、サイン絵本、間伐材でつくったオリジナルグッズ「木ノモノ」の販売を行います。
                     企画・主催 どいかや、ポポタム

<ワークショップ>宇梶静江・宇梶りょうこアイヌ刺繍講座
2月27日(日)14時~16時 参加費2500円(材料費込) 定員20名(先着順)
ご予約・お問合せ ブックギャラリーポポタム 03-5952-0114


宇梶さんの刺繍はとても力強く魂のこもった作品です。
多くの方にアイヌの物語世界を知っていただくきっかけになると思いました。
ぜひいらしてください

展示のこと
↑TOPへ


ねこ・テン 

展覧会のお知らせです!ぜひいらして下さい。
SHOP&GALLERY URESICAにて。

neko01_convert_20100818143451.jpg

どいかや 展覧会「ねこ・テン」
9/9(木)~9/20(月・祝) ※9/14(火)休み
12:00~19:00(9/11のみ、16:00~19:00)

猫がテーマの描きおろし作品を展示販売いたします。
間伐材で作った木のグッズ「木ノモノ」や
「チリとチリリ」「トラリーヌ」などのグッズ販売もあり。

【トークイベント】
9/11(土)14:00~
「犬と、いのち」で知られる作家、渡辺眞子さんをゲストを迎えて、
犬猫トークをおこないます。
人と動物の福祉や共生をテーマに執筆、講演されている渡辺さん。
ペットにまつわる諸問題、殺処分の現状などお話しいただきます。
動物が好きな方、共に暮らす方、これから動物と暮らしたいという方、
会場が手狭なため、少人数限定ですが、ぜひご参加下さい!

★参加費 お一人様 1,000円(ワンドリンク付き)
★先着 20名(要予約・ウレシカ → 03-3428-0807/お問い合せ)
※お申込みが定員になり次第、締め切らせていただきます。
※イベント当日は参加者限定のため、
一般オープン時間は16:00~19:00です。

展示のこと
↑TOPへ


木ノモノ展示 

                              2008年11月29日

「木ノモノ」を東京・目白の本やさんブックギャラリー・ポポタム
12月6日まで(日月休み12~18時)、展示・販売しています。
お近くの方はぜひ、お立ち寄り下さい。

今回デビューのニューアイテム、
その1
 「チリとチリリのミニつみ木」
   ちいさい、ちいさいつみ木です。
   チリとチリリの顔が焼き印されています。
   ミツロウワックスと自然塗料で仕上げた
   やさしい風合い。
      しつこいですが ほんとにちいさいです。


                  DSCN1126_convert_20081128230917.jpg
その2
「いきものパズル」
    木目をあわせたり、
   生き物の種類をあわせたり して遊びます。
   木目がとてーも奇麗!
   ぜひさわってみてほしい。

  DSCN1125_convert_20081128232723.jpg

          一部で人気のパンちゃんクッキー(おいしいヨ)も販売しています!


展示のこと
↑TOPへ


TOP

Twitter

カテゴリ

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。